Read Article

なんでもAndroidとして使用できるUSBメモリ型のAndroid端末。「コットン・キャンディー(Cotton Candy)」

== スポンサーリンク ==
なんでもAndroidとして使用できるUSBメモリ型のAndroid端末。「コットン・キャンディー(Cotton Candy)」
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

この可愛らしい外見のUSBメモリの様な物、北欧・ノルウェーのFXIが開発したUSBメモリ型のAndroid端末「コットン・キャンディー(Cotton Candy)」なんです。
「コットン・キャンディー(Cotton Candy)」があれば、携帯デバイスの中にあるビデオ/映画/写真/ゲームなどを大画面で共有することが出来るようになります。

コットン・キャンディー(Cotton Candy)は HD画質のH.264動画再生や3Dゲーム、そのほかAndroid用アプリの起動が可能です。
HDMIでテレビやモニタにつなげば、USBポートに接続した周辺機器やBluetooth接続のモバイル端末などを入力インターフェースとして、どこでもAndroidアプリや「クラウドコンテンツ」が利用できるという仕組みです。
さらにPCやMacのUSBポートに接続した場合でも、独自の仮想化技術 ” Any Screen Virtualization ” によりディスプレイと入力インターフェースを乗っ取り、Android端末として機能させます。

用途・利点はCotton Candyだけを持ち歩くことで任意のモニタやテレビ、PCから自分の (クラウド)環境にアクセスできる、画面や入力機器となる宿主側のデバイスが時代遅れになっても最新のAndroid端末として使えるという利点もあるとか。

ユーザ側で少し工夫しないといけない感じもしますが、なかなか面白い端末ですね。

プレオーダーを受け付けていた様ですが、既に締め切られている状態です。
正式な発売日は未定となっています。

OS: Android 4.0 Ice Cream Sandwich, Ubuntu Linux for ARM
仮想クライアント: Windows、Linux、Mac
CPU: ARM Cortex A9@1.2GHz
メモリ: 1GB DRAM、64GB microSD
ネットワーク: 802.11 b/g/n、Bluetooth 2.1 + EDR

FXI
http://www.fxitech.com/products/

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top