Read Article

電子メールアドレス収集ロボット対策(JS編)

== スポンサーリンク ==
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

電子メールアドレス収集ロボットはWEBに公開されている電子メールアドレスを自動的に収集して回ります。これはhtmlファイル内の< mailto:>を探して収集していきます。これを回避するために電子メールアドレスをhtmlファイル内に表記せず、いくつかの回避方法を紹介したいと思います。

●javaスクリプトで
電子メールアドレスをhtmlファイル内に表記せず、JavaScriptによって全く別のファイルから呼び出すようにするという方法があります。その記述方法について説明します。

1).jsファイルの作成
htmlファイル内に電子メールアドレスを表記しないかわりに、電子メールアドレスのリンクを設定するファイルを作成する必要があります。

ファイルの中は


str="電子メール";
document.write(str.link("mailto:xxx@xxx.xxx"));

とだけ記述してください。ファイル名をこの例では”mail.js”とします。

※最近は上記の方法で記述されたアドレスでも収集可能なロボットがあるようです。そのようなロボットへの対策として、画像ファイルを呼び出すよう変更する事をお薦めいたします。

変更方法は下記のように変更します。


str='<img src="ファイルのアドレス">';
document.write(str);

2)htmlファイルの編集
作成したhtmlファイルの任意の場所に以下のタグを挿入してください。

<script src="mail.js"></script>

タグの間には文字は入りませんが必ず終タグを記述してください。

なおjavaを有効にしないと見えないという説明と、javaが使えない人のためにフォームなどによる連絡手段も別に用意しておくとよろしいでしょう

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top