Read Article

WORDPRESSで作成したサイトにBASIC認証を簡単に導入するプラグイン – WP BASIC Auth

== スポンサーリンク ==
WORDPRESSで作成したサイトにBASIC認証を簡単に導入するプラグイン – WP BASIC Auth
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

WORDPRESSサイト全体にBASIC認証をかけることができるプラグインWP BASIC Auth。通常煩わしい設定が必要なBASIC認証を簡単に導入可能です。アカウントとパスワードはWPユーザーで管理されているのでページ内の閲覧操作も用意になりますね。

プラグインを有効でサイトを閲覧する際にBASIC認証でアクセス制限がかかります。めんどくさかった.htaccessファイルやパスワードファイルを編集する必要がなくとても簡単に導入することができます。制作途中のテストサイトなど、Webサイトを外部の人に見せたくない場合に利用すると便利です。

WordPressで管理登録されているユーザー名とパスワードがBASIC認証で使用するユーザー・パスワードとなります。

BASIC認証

BASIC認証とは、Webサイトの閲覧に使われるプロトコルの「HTTP」が備える、最も基本的なユーザ認証方式です。簡易的なパスワード認証の方式です。アクセス制限されたWebサイトにアクセスしようとすると、Webブラウザでユーザ名とパスワードの入力を求め、サーバーでアクセスを許可しているユーザに一致すると、ページを閲覧することができる仕組みです。尚、あくまでも簡易的なパスワード認証方式であり、重要なデータの保護には利用すべきではない。

インストール方法 2通り

管理画面のプラグイン>新規追加で「WP BASIC Auth」を検索してインストールしましょう。

  1. WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > 「WP BASIC Auth」で検索
  2. WordPress.org からダウンロード してサーバーへアップロード後、有効化
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top