Read Article

iPhone5コーデ USG ITG + CAZE ThinEdge + METALボタン

== スポンサーリンク ==
iPhone5コーデ USG ITG + CAZE ThinEdge + METALボタン
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

温かい季節に変化してきて、花粉症に悩まされている kazunie です

今回、初のiPhone5コーデをお披露目したいとおもいます。

iPhone5は旧機種から、更に薄くシンプルな筐体になりましたが、このシンプルさを維持しながらiPhone5を保護、さらに自分好みにして使いたいというのは僕だけでしょうか?

様々なケースや保護シールなどもありますが、以下に挙げる条件を満たしたコーデを日々追求しているわけですが今回で落ち着きそうなのでお披露目となりましたw

条件

  • iPhone5特有のフォルムで傷がつきやすいサイド部分を保護
  • バックフレーム側のツートンボディデザインを損なわず保護
  • フロント側は繊細な画面表示を損なわないクリアなもの
  • 全体的に傷や割れなど損傷を防ぎ、且つ本来のデザインを維持できるもの
  • ストラップが装着できるもの

iPhone5コーデ フロント

さて、今回のコーデ
フロント部分について、液晶保護フィルムは選択せず強度なパネル製を選択

>>> Impossible Tempered Glass for iPhone 5

パネルの為、厚さ0.4mmとはいえホームボタンが押しにくくなる為、この製品にはパネルと同封でボタンシールがブラック、ホワイト2色付属しているのですが、それを使うと若干パネルの表面から少し浮き出てしまい、ポケットの中などでSiriが起動してしまうなどの問題が発生しました。ってことで付属品は利用せず、様々な店舗から発売されている、アルミ製のメタルホームボタンのレッドを合わせてみました。

>>> アルミ製メタルホームボタン

筐体のサイドを保護する限りなくシンプルでストラップが装着可能なバンパーを選択。

>>> CAZE ThinEdge

ストラップは、ネックストラップにもワンタッチ装着できるベアリング製HAND LINKERを装着しました。

>>> [HandLinker]ベアリングストラップ

IMG_0040_s

バック部分は、本来のツートンカラーデザインを損なわずシンプルに保護できるもの。
フロント保護パネルと同じメーカーから発売されているバックパネル保護シールを貼り付け傷などを防げるようにしました。
こちらの保護シールはボディに合わせてパーツが3つに分離されていてとても貼りやすいタイプ。
中央部分のフィルムはサラサラつや消しタイプで触り心地がよく気に入ってます。

>>> 高品質液晶保護フィルム背面用 Ultimate Screen Guard

※こちらのフィルムを今回のバンパーと組み合わせる際に注意が必要です。
フィルムはバンパー等取り付けされてない筐体に合わせて横幅ピッタリに設計されています。今回は、製品をパッケージから取り出して、すぐにサイドを1.5mmほど慎重にカットして加工して利用しました。フィルムを先に貼り付けてしまってから、バンパーを取り付けると横幅に余裕のないフィルムが歪み、気泡など本体から浮いた状態になりますのでご注意ください。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top