Read Article

アナログとデジタルの融合、直感をそのままデータ化「Inkling(インクリング)」

== スポンサーリンク ==
アナログとデジタルの融合、直感をそのままデータ化「Inkling(インクリング)」
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

タブレットを利用する人なら、誰でも知っている「wacom」、そしてペンタブレットと言えば「Intuos」。
プロフェッショナルから一般的ユーザーまで、とにかく利用者が幅広くいます。
そんなワコムから、紙に書いたデータをそのままデジタル化することができる「Inkling(インクリング)」価格17,980円が発売中です。

手書きのメモをデータ化して記録するツールは、他のメーカーからすでに発売していますが、しかしインクリングには他社の同類品に大きく差をつけるような高機能が詰まっています。
まず、手書きをデジタル化するときの不安点として、データ化に失敗してしまう部分が出るのではという点。
インクリングは、1024レベルという高い筆圧感度を備えているから、普通に書いていれば、まず取りこぼさない。
スケッチなどの柔らかいタッチでも十分に拾ってくれます。

次に、パソコンで絵などを描くときには、一枚の絵でも何層ものレイヤーに分けるのが一般的。
インクリングはボタンを押すだけで、必要なタイミングでレイヤーごとに保存してくれるという素晴らしい機能があります。
保存したデータはjpg形式以外に、ベクター形式でも取り込むことができます。
illustrator(CS3以上)やphotoshopを使えば、そのまま仕上げをすることだって可能なんです。

基本は紙さえあれば、どんなものでもデータ化することができるので、メモやスケッチは当然、ビジネスシーンでも使えるのではないでしょうか。

インクリングの仕様の基本は、感性をそのまま表現する事、使い方は自由です。
本品とノートを携帯しておけば、思い付いた時すぐに新しい創造を記録して、制作にフィードバックできます。
デジタルとアナログの融合、ここまで高い水準で実現しているガジェットは少ないでしょう。

ワコムストア
http://store.wacom.jp/products/detail.php?product_id=1425

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top