Read Article

初音ミクのCMがカンヌで銅賞。ユーザーとデジタルとネットワークが示したのは No Border!Google「Chromeブラウザ」CM

== スポンサーリンク ==
初音ミクのCMがカンヌで銅賞。ユーザーとデジタルとネットワークが示したのは No Border!Google「Chromeブラウザ」CM
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

初音ミクを起用した「Google Chromeブラウザ」のCMが、フランス・カンヌで開催されたカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(旧日本名称:カンヌ国際広告祭)で銅賞を受賞しました。

livetune feat.初音ミクの「Tell Your World」をバックに、世界の人々が初音ミクの作品を創作・共有しながら、“初音ミクワールド”が広がっていく姿を描いた同CM。
ダイレクトマーケティングを対象としたダイレクト部門のコーポレートイメージ&インフォメーションカテゴリーでの受賞。

初音 ミク(はつね ミク、HATSUNE MIKU)は、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている音声合成・デスクトップミュージック(DTM)ソフトウェアの製品名、およびキャラクターとしての名称です。

ヤマハの開発した音声合成システム「VOCALOID2」を採用したボーカル音源の1つで、メロディと歌詞を入力することで合成音声によるボーカルパートやバックコーラスを作成することができます。

また、声に身体を与えることでより声にリアリティを増すという観点から女性のバーチャルアイドルのキャラクターが設定されています。

インターネット上を中心に、初音ミクが「歌っている」歌という形をとった、あるいは初音ミクを題材とした、数万曲に上るとされる楽曲や、イラスト、CGによるプロモーションなど様々な作品が発表されています。

初音ミクはこうした多くのユーザーの手による多彩な創作物から形づくられる、消費者生成メディア(CGM)により成立している女性アイドルという性格を持っています。

一つのソフトから広がる世界観とコミュニケーション、そして創作の場は異例の広がりを見せ、21世紀の道具としてこれほどデジタルとネットワークを介して「消費者生成メディア」を具現化させれた製品は他に類を見ないと思います。

 

なお、同部門でGoogleは、“震災で失われた思い出を、みんなで取り戻すプロジェクト”「未来へのキオク」(MEMORIES FOR THE FUTURE)も銀賞を受賞しています。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top