Read Article

ぬるくても、冷えすぎてもダメです。珠玉の一本、中から適温に!「コークシーク(Corkcicle)」

== スポンサーリンク ==
ぬるくても、冷えすぎてもダメです。珠玉の一本、中から適温に!「コークシーク(Corkcicle)」
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

ワインというのは温度管理が重要で、コンディションの変化で味が変わってしまうとワイン好きの友人は言います。
取って置きの珠玉の一本を開けた後、最後の一滴まで良い状態で味わいたいですよね。

そんな拘りの大人アイテムがこちら「コークシーク(Corkcicle)」です。
コルク栓の先に棒状のジェルが付属した製品。
このコークシーク(Corkcicle)をまずは冷凍庫でよく冷やし、栓を開けたワインのボトルにさせばワインが室温で温まってしまうのを抑えることができます。

しかもコルク栓としての役割も果たしてくれるのでかりにボトルを倒してしまっても中身がこぼれる心配がないところも嬉しです。

特筆すべき特徴はワインの温度を一定に保つこと。
つまり温かくなっても困るし、逆に冷やしすぎて味が薄くなってしまっても困るので、温度を一定に保つという効果を発揮するのがコークシークCorkcicleなんです。

 

ワインに挿した状態も美しいですね。
寛ぎの時間をさらに演出してくれます。

「コークシーク(Corkcicle)」はAmazon.co.jpでも購入可能です。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on PinterestEmail this to someone

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top